ノックス株式会社

NOXは経験と独創性を基盤に最良のITソリューションを提供し続けます
Corporate Profile

製品情報

クラウド型Webセキュリティソリューション Zscaler

導入事例 - ライオン株式会社【前編】

Webセキュリティをオンプレミス型から クラウド型の「Zscaler」へ ADとの直接連携により 部署毎に異なるポリシーを適用可能に【前編】

東日本大震災を機に、BCP 対策強化。基幹システム以外はクラウド移行へ

ライオン株式会社 阪間 勇一 氏
ライオン株式会社
統合システム部 副主席部員
阪間 勇一 氏

「クリニカ」などのマウスケア製品、「植物物語」などのボディケア、「トップHYGIA」「ルックシリーズ」「CHARMY Magica」などの衣類・住まい・キッチン廻りのケア製品まで、日々の暮らしに密着した幅広い製品を製造、販売しているライオン株式会社。「今日を愛する。」を企業スローガンとするライオン株式会社は、新たな経営ビジョン「 Vision2020」を策定し、「国内事業の質的成長」「海外事業の量的成長」「新しいビジネス価値の開発」「組織学習能力の向上」の4戦略を立てた。それらの事業を陰で支えるのが統合システム部で管理しているICTだ。


インターネットがビジネスに浸透し、サイバー攻撃が年々脅威を増しつつある現在、Webセキュリティの重要度が高くなっている。ライオン株式会社では10年以上前からプロキシ上のツールと連携するオンプレミス型のWebフィルタリング製品とアンチマルウェア製品などのWebセキュリティ製品を活用するなど、セキュリティの強化に努めてきた。


ところが2011年3月11日の東日本大震災を機に、ライオン株式会社のシステム構築の方針が変わった。BCP(事業継続計画)のため、クラウドの活用推進を方向付けたのである。統合システム部 副主席部員 阪間 勇一氏は当時の状況を次のように語った。


「災害時でも、お客様への影響を最小限に抑え、営業活動を継続するには、オンプレミス型よりクラウド型の方が適しています。そこでコミュニケーション系システム(Internet、メール関連)のクラウド移行を決定し、Webセキュリティもクラウド型製品を検討し始めました」


Web 閲覧に起因するサイバー攻撃が増加。
セキュリティを確保するために高まるWebフィルタリングの重要性


ライオン株式会社 椎名 淳之 氏
ライオン株式会社
統合システム部
椎名 淳之 氏

統合システム部 椎名 淳之氏は、ネット上の脅威の変化を要因に挙げた。


「以前のマルウェアは、メールによって感染を広げるタイプが多かったのですが、最近は水飲み場型攻撃、中間者攻撃のようなWebアクセスを悪用する攻撃が増えています。


また、PC のモバイル活用が広がるにつれ社外でのWeb 閲覧も増えてきた。これまで、社外からのWeb 閲覧はVPN を通していったん社内のプロキシ(およびWebフィルタリング)を経由してから、目的のWeb ページにアクセスする形になっていたため、セキュリティは担保されてはいた。しかし一般のWebページにアクセスするだけでもVPNで社内を経由するのは非効率だった。その問題をクリアするためにも、クラウド型のWebセキュリティ製品は最適だった。


BCPとして役に立ち、社外利用時のセキュリティを高める目的で選定を始め、ライオン株式会社のニーズに最も合致したのがノックスの提供するクラウド型Web セキュリティソリューション「Zscaler」である。



後編では、「Zscaler」導入の過程と、これらの目標に対してどのように効果を発揮したのか、ならびにそのメリットの詳細についてご紹介する。


> 後編に続く

  • キャンペーン情報
  • 各種ダウンロード
  • イベント・セミナー
  • お問い合わせ
  • ノックス PLUS!
ページトップへ