ノックス株式会社

NOXは経験と独創性を基盤に最良のITソリューションを提供し続けます
Corporate Profile

製品情報

vArmour Networks
データセンター/仮想化環境向けEast-Westセキュリティソリューション

概 要

サーバをはじめとするインフラ環境において仮想化が広く浸透する状況の中で、データセンターにおけるセキュリティの脅威はますます増大しています。

これは、仮想化の普及やアプリケーションの変化に伴い、従来のNorth-South型と呼ばれる、データセンター内外を往来するトラフィックよりも、East-West型と呼ばれる、データセンター内を往来するトラフィックの割合が年々増加していることと関係しています。

仮想化環境においては、ハイパーバイザー内のトラフィックや物理スイッチで折り返すトラフィックを把握することが困難です。また、内部に侵入した脅威が知らないうちに広がってしまう恐れもあります。このため、East-West型トラフィックに対する可視化やセキュリティ強化の必要性が増してきています。

従来型のセキュリティソリューションでは、North-South型トラフィックに合わせてデータセンターの出入口となる境界にセキュリティ製品が配置されているため、East-West型トラフィックに対して、可視化(どういったトラフィックが流れているか)、制御(不要なトラフィックをブロック、脅威をブロック)することができません。

vArmourは、データセンター向けのEast-West型トラフィックに最適化されたセキュリティソリューションとして開発されており、設計・構築・運用・コスト面において大きなアドバンテージを提供します。

コンセプト

分散ファイアウォール

  • 分散配置したファイアウォールを論理的に1台の機器として運用
  • ゾーンベースのセキュリティポリシーで簡単管理
  • 伸縮自在の分散ファイアウォールとして容易な拡張

コンセプト
拡大画像はこちらをクリックしてください


マイクロセグメンテーション

  • 仮想マシンの動作を可視化
  • 仮想マシン単位でポリシー制御

コンセプト
拡大画像はこちらをクリックしてください

Director

  • コントロールプレーンの役割
  • ファイアウォール全体のポリシー管理
  • セッションセットアップと負荷分散

EP(エンフォースメントポイント)

  • データプレーン(ラインカード)の役割
  • パケット転送とトラフィック検査
  • 新規セッションについてはDirectorに問い合わせ

EPi

  • マイクロセグメンテーション用のデータプレーン
  • パケット転送とトラフィック検査
  • 新規セッションについては親となるEPに問い合わせ

コンセプト
拡大画像はこちらをクリックしてください

特 長

自由な分散配置、論理的に1台として管理
仮想化環境に自由に分散配置された次世代ファイアウォールがインライン、TAP環境でセキュリティを強化します。分散配置されたセキュリティポイントを論理的に1台として管理します。

特長
拡大画像はこちらをクリックしてください

仮想化環境のトラフィック、リスクを可視化
ハイパーバイザー内、ハイパーバイザー間の通信をアプリケーションレベルで可視化します。セキュリティリスク検知によりネットワーク内の脅威を監視します。

特長
拡大画像はこちらをクリックしてください

マルチハイパーバイザー環境に対応
仮想マシンとして展開され、ESX/XEN/KVMのマルチハイパーバイザー環境を横断的に論理的に1台のファイアウォールで管理が可能です。Amazon AWSのクラウド環境にも対応しています。

特長
拡大画像はこちらをクリックしてください

セキュリティの検知ログを統合的に分析
各セキュリティポイントで検知されたセキュリティインシデントを総合的に分析、レポートします。単一デバイス上のイベントとして鳥瞰的に全体を把握できます。

特長
拡大画像はこちらをクリックしてください

利用例

仮想化環境のトラフィック可視化

  • Tapモードを利用することで、仮想化環境のネットワーク利用状況を可視化
  • アプリケーション識別、ログ・レポートの統合管理によりオペレーションを容易に

仮想化環境のトラフィック可視化
拡大画像はこちらをクリックしてください

ゾーンベースの分散ファイアウォール

仮想マシン単位のマイクロセグメンテーション

システム全体を一元管理

East-Westトラフィックに対するセキュリティ強化
拡大画像はこちらをクリックしてください

OpenStack/Splunk連携
  • OpenStack連携によるプロビジョニングの自動化(FWaaS)
  • Splunk Appによる可視化
  • トラフィックの統計とトレンド
  • ドリルダウンによる詳細解析
Splunk連携

OpenStack連携
拡大画像はこちらをクリックしてください

マルチハイパーバイザー、ハイブリッドクラウド環境の統合セキュリティ

  • クラウド環境に展開したEPとプライベート環境に展開したEPでFabricを形成
  • ハイブリッドクラウド環境のセキュリティを一元化

マルチハイパーバイザー、ハイブリッドクラウド環境の統合セキュリティ
拡大画像はこちらをクリックしてください

機 能

アプリケーション識別、制御
アプリケーションレベルで通信を識別し、制御することができます。

セキュリティポリシー
分散配置された複数のEPに対して、単一ポリシーセットによるポリシー一元管理ができます。

コンフィグ管理
CLI/WebUIを利用して機器を管理することができます。API利用により他製品との連携ができます。

GUI画面1
拡大画像はこちらをクリックしてください
GUI画面2
拡大画像はこちらをクリックしてください
GUI画面3
拡大画像はこちらをクリックしてください
GUI画面4
拡大画像はこちらをクリックしてください
GUI画面5
拡大画像はこちらをクリックしてください

インターフェースの動作モード
複数の動作モードをインターフェース毎に指定できます。システム内で異なる動作モードを混在させることができます。

インターフェースの動作モード
拡大画像はこちらをクリックしてください

冗長構成
DirectorはActive/Standbyの冗長構成に対応しています。EPはRETH(Redundant Interface)を利用してネットワークの冗長構成を組むことができます。

冗長構成
拡大画像はこちらをクリックしてください

ログ管理
分散配置された複数のEPで記録されるログをDirectorで一元的に関することができます。
SplunkアプリケーションによりSplunkと連携して可視化、レポートを提供することができます。

外部連携
OpenStackとの連携によりプロビジョニングの自動化を図ることができます。
OpenFlowコントローラとの連携によりvArmourの利用ポートを動的に変更することができます。

仕 様

Directorパフォーマンス
モデル VA3040v VA3020v
最大接続EP数 16 4
最大セッション数 16 m 1 m
ポリシー数 50 k 50 k
VLAN数 4,094 4,094
セキュリティゾーン数 1,000 50
VR数 300 32
対応HyperVisor ESX、KVM、XEN

システムキャパシティ
モデル VA3040v VA3020v
インターフェースモード L2、L3、Tap、vWire
ルーティング数 10,000 2,500
VLAN数 512 218
Bridge group数 256 256

EPパフォーマンス
モデル VA400v
インターフェース数 2,000仮想ポート
FWスループット(UDP) 7 Gbps
アプリ識別スループット 4 Gbps
新規コネクション/秒 40,000
ARPテーブル 4,096
MACテーブル 4,096
対応HyperVisor ESX、KVM、XEN
  • キャンペーン情報
  • 各種ダウンロード
  • イベント・セミナー
  • お問い合わせ
  • ノックス PLUS!
ページトップへ